FC2ブログ
税理士 吉田宏次のブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今月の一枚
TP

昨年末の紅白出場でメジャーになった竹原ピストルの新作。

私にとっては、新作が出たら買いのシンガー。

ある思想家曰く、

「たった一度の人生。愚直に、より良い人生にしようと生きる者もあれば、うまく立ち回ることばかり考え、姑息な生き方しかできない者もいる。」

竹原ピストル自身、前者であることを確信できるピュアな魂を突く曲の数々。

中野サンプラザでのライブDVD付いており、お得になっております。


スポンサーサイト
自虐
RH1
RH2

山下公園方面から中華街に向かい、門をくぐり、すぐ。

崎陽軒のおみやげショップの上に、
「ここから、徒歩1時間59分」との自虐的な看板。
実際に歩いてはかったのか?

私も20年若ければ、週末の散歩コースに、オプションで加えたいところですが、競合敵地に設置されたふてぶてしい、しかし、ユーモアに溢れた看板。

観光客相手に、昼は中華街でも夜はラー麺博物館、あるいは、今日は中華街でも明日はラーメン博物館に来てねということか。
看板設置により、どれくらい集客効果が上がったのか知りたいところ。

以上、看板シリーズ第三弾。

フード・ドリンク持ち込みOK
KB

信号を渡ると、元町商店街というこの上ない立地。

フード・ドリンク持込OKの看板。(ガストではありません)

カラオケBOX=フード・ドリンクで稼ぐビジネスモデル。
人手不足でやむなしということか?
その分、持込料として、利用料を多少高めに設定しているのか?

カラオケBOXに限らず、居酒屋なども人手不足の影響か、注文してもなかなかこなかったり、注文受けての店員さんの威勢の良い「喜んで~」という掛け声も顔が喜んでいなかったり。

人手不足がAI加速の布石になるのか?

前回に続き、世相を表す街角の看板第二弾。
逆張り
sk

街で見かけて、気になりました。

喫煙者を排除する世の風潮に反し、喫煙者を呼び寄せ、売上げアップにつなげる戦略。

特段、周囲に競合する同業他社やコーヒーショップ等は見当たらない中、差別化の必要あり?という気もしますが、店舗型商売は、人に来てもらわなければ始まらない。

喫煙場所の提供により、来店動機を促し、たばこ他、缶コーヒー等のついで買いを見込んでいるのでしょう。

しかし、商品陳列スペースを犠牲にするマイナス効果以上のプラス効果があるのか?

何とも興味深い。


事業承継税制
改正により、H30年~39年までの相続贈与につき、以下のように要件が緩和されました。

○ 対象株式及び猶予割合

総株式の3分の2に対し、80%猶予→全株式で100%

○ 雇用維持要件

5年間で平均8割→認定支援機関の指導助言を条件に撤廃

○ 承継形態

1(代表者)対1(後継者)→複数対1、1人対3人も可に

○ その他

・親族外の後継者に相続時精算課税制度適用
・会社を譲渡・解散した場合、その時点での株式価値で税額計算し、差額免除

以上

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。