税理士 吉田宏次のブログ
セルフメディケーション税制
今回の確定申告より、通常の医療費控除の特例として、

ドラックストア等で医師の処方箋のない特定医薬品(スイッチOTC薬)を1万2千円超購入した場合、超えた分を医療費控除の対象とすることができます。

この規定を適用するには
「健康保持増進及び疾病の予防への取組」が必要になってきますが、いわゆる健康診断(自治体の予算で住民サービスとして実施する健診は除く。)やインフルエンザの予防接種などを受診していれば、取り組みをしているということになります。

以上
スポンサーサイト
永遠に語り継がれる優遇規定
個人が、平成21年に取得した国内にある土地又は土地の上に存する権利(以下「土地等」といいます。)を平成27年以降に譲渡した場合又は平成22年中に取得した土地等を平成28年以降に譲渡した場合には、その土地等に係る譲渡所得の金額から1000万円を控除することができます。

いつまでという期限がないので、このままであれば、50年後、100年後も存在する規定。
果たして、そのころの税理士はこの規定の存在を把握しているのであろうか?

今回、土地譲渡の申告をされる方は、忘れずに。
そりゃあそうだ
配偶者控除の適用年収が、年明けより、上限103万円から150万円になりました。

そのことで、パートタイマーが103万円に抑えていた年収を150万円までUPさせるか?

いやいや130万円超えると夫の第3号被保険者から外れ、社会保険を自ら負担しなければならなくなる。

1/25日経新聞朝刊によると、民間の調査会社が年収200万円以下で働く女性に調査したところ、8割が働き方を変えないとの返答。

充分予測できた結果であると思いますが、喧々諤々やっていそうな政府税制調査会は予測できなかったのか?

最近「働き方改革」という言葉を良く耳にしますが、年収上限150万円への改正は「働き方変わらない改正」でした。
医療費控除
昨日で税務調査の立会も終了し、いよいよ本格的に確定申告期間突入という感じですが、確定申告と言えば、医療費控除。

その医療費控除の領収証の取り扱いにつき、今回の確定申告より改正がありました。

従来は、医療費の領収証を提出あるいは提示する義務がありましたが、今回の確定申告より、※医療費の明細書を作成し提出することにより、領収書の提出等が不要となりました。

※明細書は所定のものでなくとも、ワードやエクセルなど自前のもので結構とのこと。

なお、領収証添付、明細書作成の代わりに、今まで使用できなかった役所からの医療費通知を提出することも可能。
(平成29年分の神奈川県内の国民健康保険及び後期高齢者医療制度の医療費通知においては、明細書の代用として使用することができないようです。)

領収書を提出等しない場合には、5年間自宅等で保管する必要があります。

31年分の申告までは、従来通り、領収書の提出等の方法により、申告することも可能です。
理由なき反抗
SONY

私の宝物ソニーのウオークマン。

ただ、上着のポケットに入っていただけなのに・・・
ジャケットの内ポケに潜むコビトが、いたずらしているのでは、と思うぐらい複雑な絡まり方。
日本の技術力で、何とかならぬか。
絡まらないイヤホンは、ライバル商品と差別化できると思うが。

ところで、このウオークマンの中身は一貫性がなく、ショパンのノクターンとパンクが同居し、サンバデジャネーロや氷川きよしのズンドコ節まで入っている。

ふざけるなという意思表示か?

そういえば、かれこれ愛用して10年以上経つ。

そろそろ反抗期か?