FC2ブログ
税理士 吉田宏次のブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
自虐
RH1
RH2

山下公園方面から中華街に向かい、門をくぐり、すぐ。

崎陽軒のおみやげショップの上に、
「ここから、徒歩1時間59分」との自虐的な看板。
実際に歩いてはかったのか?

私も20年若ければ、週末の散歩コースに、オプションで加えたいところですが、競合敵地に設置されたふてぶてしい、しかし、ユーモアに溢れた看板。

観光客相手に、昼は中華街でも夜はラー麺博物館、あるいは、今日は中華街でも明日はラーメン博物館に来てねということか。
看板設置により、どれくらい集客効果が上がったのか知りたいところ。

以上、看板シリーズ第三弾。

スポンサーサイト
フード・ドリンク持ち込みOK
KB

信号を渡ると、元町商店街というこの上ない立地。

フード・ドリンク持込OKの看板。(ガストではありません)

カラオケBOX=フード・ドリンクで稼ぐビジネスモデル。
人手不足でやむなしということか?
その分、持込料として、利用料を多少高めに設定しているのか?

カラオケBOXに限らず、居酒屋なども人手不足の影響か、注文してもなかなかこなかったり、注文受けての店員さんの威勢の良い「喜んで~」という掛け声も顔が喜んでいなかったり。

人手不足がAI加速の布石になるのか?

前回に続き、世相を表す街角の看板第二弾。
逆張り
sk

街で見かけて、気になりました。

喫煙者を排除する世の風潮に反し、喫煙者を呼び寄せ、売上げアップにつなげる戦略。

特段、周囲に競合する同業他社やコーヒーショップ等は見当たらない中、差別化の必要あり?という気もしますが、店舗型商売は、人に来てもらわなければ始まらない。

喫煙場所の提供により、来店動機を促し、たばこ他、缶コーヒー等のついで買いを見込んでいるのでしょう。

しかし、商品陳列スペースを犠牲にするマイナス効果以上のプラス効果があるのか?

何とも興味深い。


宣伝効果
s2

何故か当社周辺は、麵屋武蔵、蒙古タンメン中本など有名どころが店を連ねるラーメン激戦区。

そこに北海道の有名店“えびそば一幻”が、数年前、事務所間近に出店。

店内に多くの芸能人のサインが飾られている有名店ですが、意外なことに休日以外は、外まで行列はできていない。
私が週末、1~2時間並ぶラーメン屋と比較するとひっそりしているなと思っていたところ・・・

新年仕事始めの日の昼時、店の前を通ると大行列。

どうやら、TV番組ケンミンショーでとりあげられたとのこと。
翌休日は、更に長蛇の列で、中待ち人数合わせ60人ぐらいか。

一週間経った今でも昼時過ぎても行列衰えず。
私も2、3度、並ばずに食べたことがありますが、もはや、そのような状況は来ないか。

人の心理とは、不思議なもの。

行列で簡単には食べることができない状況になったとたん、急に食べたくなりました。

ネット等の新たなメディが出現し、TVのCM効果に疑問が呈される一方、TV番組の宣伝効果はあるなあと感じた瞬間。
新年の一冊
CP

自己啓発本、普段読まないジャンルですが、年初のこの時期、例年一冊読むようにしています。
既読のカーネギーやスティーブンRコブイー等の本を読み直すのが常ですが、今年は新たに、ブッシュ政権時代の国務長官コリンパウエルの著作。

以下、コリンパウエルのルール13カ条

1. なにごとも思うほどに悪くない。翌朝には状況が改善しているはずだ。
2. まず怒れ。その上で怒りを乗り越えろ。
3. 自分の人格と意見を混同してはならない。さもないと、意見が却下されたとき自分も地に落ちてしまう。
4. やればできる。
5. 選択には細心の注意を払え。思わぬ結果になることもあるので注意すべし。
6. 優れた決断を問題で曇らせてはならない。
7. 他人の道を選ぶことはできない。他人に自分の道を選ばせてもいけない。
8. 小さなことをチェックすべし。
9. 功績はわけあう。
10. 冷静であれ。親切であれ。
11. ビジョンを持て。一歩先を要求しろ。
12. 恐怖にかられるな。悲観論に耳を傾けるな。
13. 楽観的でありつづければ力が倍増する。

以上

前半は、自己啓発的内容ですが、後半は、ブッシュ政権時代のこぼれ話。
例えば、ブッシュ大統領は会議の遅刻者は、鍵を閉め入室させなかったというような身近なことから、存在しなかったイラクの大量破壊兵器のことまで、興味深い内容となっております。

帯には、菅官房長官の推薦がありますが、私もお勧めの一冊。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。