税理士 吉田宏次のブログ
究極のせっかち
温和な性格のわりには、せっかちだと人に言われます。

赤信号渡る、映画は1.3倍速で観る、大概の本は30分以内で読破。
口をもぐもぐさせつつ洗面所に向かい歯磨きの準備。
昼は、店を出るまでに10分とかからない店で食べるか10秒チャージ。
日によっては朝の8時台に2度目の食事=昼食を食べることもあり。
”せっかち”ということは否定出来ません。

私生活のみならず、仕事の上でもせっかちです。

決算確定前から税務申告書の作成をはじめたり、昔一苦労であった年末の源泉徴収票の住所・氏名書きを夏頃から年度を修正し、はじめたり、いずれ郵送時に必要になるであろう封筒の住所書きを余裕のある時にやっておく等、はたから見るとそのせっかちぶりは異常に見えたかもしれません。

時間を追っていれば追われることがない。
時間に追われる恐怖感から物事を前倒しで進める。

思うに、そのせっかちぶりは資格取得勉強によるものか。
働きながら受験勉強をしていたので、無駄の排除とハイスピードで何とか1日を30時間位にしようと時間と戦っていました。

今頃の時期は会計事務所では確定申告時に次ぐ、第二の繁忙期。

仕事の面では、プラスに働いているのでこのまませっかちな人間で生きていこうと思います。







スポンサーサイト