税理士 吉田宏次のブログ
厄年終了
本日、誕生日を迎え、後厄が終了しました。

厄など初めはまったく気にしていませんでした。
チョコ業界のバレンタインのように、神社の営業的陰謀ではないかと。

が、前厄時、いろいろあって明治神宮に駆け込みました。

1.初の救急車乗車。
呼吸困難で一歩間違えば、このブログは存在しなかったか!
2.記憶が飛ぶ。
アルツハイマーになるのではと不安でした。
直前のことを忘れてしまい、券売機のおつりを取り忘れることも。
今や全く何ともありません。
3.国税局との1年にわたる試練がありました。
結果、是認となりましたが、鬱病の一歩手前であったか?
4.父危篤。
今や回復し元気になりましたが、危篤といわれた時は正直ダメかと。

以上、顧みるといずれも、今となっては大事に至らず、結果、厄のようで厄ではなかったか?たまたまであったのか?

3年にわたる厄年があるなら、乗り越えた後“幸年”も設けて欲しい。
前幸、本幸、後幸のような。






スポンサーサイト