FC2ブログ
税理士 吉田宏次のブログ
消費税増税
最近、お客様と話していて消費税増税の話題がよく挙ります。

2014年4月~5%→8%へ
2015年10月~8%→10%へ

消費税還元セール禁止法案などは、消費税増税を前提とした話です。

が、消費税の増税は、現時点、確定ではありません。
あくまで、景気の動向を見ながら最終決定されることになります。
総理の過去の発言によると、4~6月の経済数値などから秋口頃に決定でしょうか。

私見ですが、今後、よほど××ショックのような経済危機でもなければ、増税は当確であると思います。

そのことを見込んでか?
某住宅メーカーでは、今契約しても、来年の秋口にならないと建物が建たないぐらいの盛況ぶりとのこと。

建物建築の請負契約の場合

2014年3月31日までに引渡しが完了していれば、5%の適用ですが、引渡しが2014年4月1日以降であっても、契約が2013年9月30日までに成立していれば、改正前の5%が適用されます。

消費税増税を相殺する意味での住宅ローン減税の優遇も一方で手当てされておりますが、やはり増税の与える心理的影響は大きいのでしょうか?
9月30日を意識した特需が住宅メーカーでは、発生しているようです。

「いつ決めるか?」
「今でしょう!」

家を建てる人にとっての決断が9月末にかけ加速してくるのでしょう。