FC2ブログ
税理士 吉田宏次のブログ
誤用される専門用語
「国民所得を10年後に1人あたり150万円増やす」というスローガンを数カ月前総理が発表しましたが、この“所得”と言う言葉が厄介です。

“所得”と“収入”は違います。

所得=収入ではありません。

所得とは、給与の場合は、額面の給与収入から給与所得控除をマイナスした金額。(=給与所得)
所得制限と言った場合には、額面の年収でなく、給与所得控除を控除した後の金額で判断します。

自営の方であれば、収入-経費=所得。
よって、収入1000万円であっても経費が1000万円であれば、所得は0になります。

同じような、誤用で“年収”と“年商”。

会社を経営しているという前提に立つと

年商と言う場合は、会社の年の収入=売上
年収と言う場合は、経営者個人が会社から受ける報酬です。

よって、年商1億でも年収0という可能性もあります。

セレブ婚を目指す方々は、このあたりの専門用語を正確に理解しておく必要があります。