FC2ブログ
税理士 吉田宏次のブログ
借金すると相続税が安くなる?
先日、税金の相談会にて「借金すれば相続税やすくなりますよね?」

この問いに対する答えは「借金しただけでは、安くなりません。」

借金すると、借入金というマイナスの財産とともに現金というプラスの財産が発生します。

5千万円借り入れれば、+5千万円の現金、-5千万円の借入金=±0

しかし、この現金で建物建てたとしましょう。

建物は、投下資金のおよそ半分ぐらいが固定資産税評価額になるので

現金5000万円 → 建物評価2500万円(固定資産税評価額)
借入金 -5000万円

よって、+建物評価2500万円-5000万円=-2500万円となります。

「借金して建物建てれば、相続税が安くなる」これが正しい答えです。

また、借金しなくても、手元にある現金で建物建てても同じ効果になります。

よって、「建物建てれば、相続税が安くなる。」

また、建物が賃貸物件の場合には、家賃が入ってきますので

「建物が賃貸物件の場合、短期的には相続税減税効果、長期的には効果が薄れる可能性も」

ということになります。