税理士 吉田宏次のブログ
昨年のベスト作家
最近、芥川賞や直木賞などの仰々しい賞を受賞するよりも、“このミステリがすごい”“このミステリーが読みたい”や本屋の店員さんが選ぶ“本屋大賞”などを受賞した方が、商業的効果が大きいと言われます。

昨年のこのミステリーが読みたい&すごいの1位は『ノックス・マシン』法月綸太郎。

受賞作自体は、あまり、私には響きませんでしたが、本屋のPOPで過去の作品にひかれ、『一の悲劇』を読んでみました。

犯人誰だのストーリーなのですが、二転三転ゆさぶられます。
AからBに路線変更したとおもったらCどころかDへ。
この路線変更があまりにもリアリティが薄いと、一気に冷めてつまらなくなりがちですが、読者である私の心はしっかりつかまれています。

面白かったので『一の悲劇』の後に『二の悲劇』を読破。

こちらも、内容はがらっとかわるものの、あっと驚くような展開にやられた!という感じを受けます。

この著作のあとがきには、著者はこの本の執筆中自殺を考えていたと告白。

無事、書きあがられて、読者としてはよかったと思いました。

気になる作家が出来ました。




スポンサーサイト