税理士 吉田宏次のブログ
伝説のバーテンダー
伝説のバーテンダー吉田貢さんが昨日お亡くなりになりました。

東京會館で修業後、昭和34年銀座バーよ志だの3代目オーナーバーテンダーに就任。

学生時代、敷居の高い銀座のバーに臆せず行けたのも貢さんのおかげです。

ビルの建替えで平成14年バーよ志だを閉めた後は、毛利バーのオーナーとY&Mバーを銀座にて開き、週3回カウンターに立つ。
晩年は、現役続行しつつも執筆やCM出演、業界の啓蒙に励み、高齢にもかかわらず、精力的に働いていらっしゃいました。

私が、貢さんを最後にお見かけしたのは昨年ですが、カウンターに立ちながらもこまめに休憩し、体調が悪そうな感じを受けました。

80歳の高齢、そろそろ引退かと感じ、看板カクテルである吉田マティーニを思わず2杯続けてオーダー。
店を出た後のことがわからないくらい、銀座で酩酊してしまったのが思い出されます。

シエイカーの中でブレンドされたマティーニが、グラス一杯に注がれる。
注ぎ込む最後の一滴を表面張力を利用してこぼさない技。
そして、小さい檸檬を空中で一握りし、残り香を残す。
一連の流れが、一つのショーです。

カクテルを作る姿は、YouTubeで見ることができますが、私の頭の中には、シェイカーを振る姿が鮮明に残っております。

ただ、吉田マティーニが味わえないかと思うと、寂しい。

貢さん、今までありがとうございました。

ご冥福をお祈り申し上げます。













スポンサーサイト