FC2ブログ
税理士 吉田宏次のブログ
タワマン節税に網
1/24付日経新聞一面「マンション節税」防止のタイトル

近年、相続税の節税として注目されてきました、マンション、とりわけ高層マンションの節税につき、防止の検討に入ったとのこと。

国税との裁決も行われ、網がかかるのも時間の問題という状況でしたが、検討に入ったということは、何らかの縛りが入ることは、ほぼ確実でしょう。

マンションが高層であるほど、所有敷地面積(敷地権)が少なくなり、時価1億超の高層階が、2000万円位の相続税評価ぐらいになることも多々。

この時価と路線価評価による相続税評価のギャップの見直しを図るため、記事によれば、階数が上がるにつれ、割増補正を行うような案がでているとのことです。

税務行政の常、横行する節税には網がかかる。
今回も例外ではなさそうです。