FC2ブログ
税理士 吉田宏次のブログ
フランク三浦勝訴
先日、気になった3つのニュース。

○ フランク三浦勝訴

以前、吉本興業の子会社が、白い恋人をパロッた面白い恋人という商品を出しましたが、スイスの高級時計、フランクミューラーをパロッた時計、“フランク三浦”。
巷の模造品と違い、堂々と“フランク三浦”と刻まれていることが、裁判において有利に働いたか?
裁判所は「呼び方は似ているが、両者は明確に区別できる」と判断し、本家、フランクミューラーからの登録商標無効に対し、フランク三浦が勝訴。

フランク三浦を商標登録したこと自体は?でありますが…
世知辛い世の中、これぐらいの遊び心、許されても良いのでは。

○ ベビーメタル

以前、ご紹介のヘビメタ×アイドルのユニット、“ベビーメタル”。
国内の知名度は、いまいちですが、海外では人気があり、あのレディーガガの前座を務めるほど。
ついに、アメリカビルボードTOP40にアルバムがランクインしました。
硬派なヘビメタフアンからは、ヘビメタをなめているのか!とお叱りを受けそうですが、サウンドは、本格的。
ある方の紹介で、私も一時期、はまり、人に薦めるも理解してもらえませんでしたが、坂本九以来、53年ぶりの快挙。

ランクインの新譜は未視聴ですが、楽しみです。

○ パナマ文書

パナマ文書に関連し、“タックスヘイブン(軽課税国)”という言葉をニュース等で聞きます。
以前、外資系事務所に勤務していた頃は、このタックスヘイブンの話はよく出てきました。

と言うと何か怪しい仕事をしていたように思えますが、バージン諸島やケイマン諸島等の軽課税国を利用した金融商品もあり、タックスヘイブンを利用すること自体は、違法ではありません。

問題なのは、表に出せないお金の資金洗浄に利用されること。
また、今回、各国首脳の関係者や税金で救済されたJALのような大企業の利用が発覚しましたが、信義上の問題。

そのあたりを理解していないコメンテーターの感情的な発言が目立つものの、大企業優遇の法人税率引下げの一方で・・・。