税理士 吉田宏次のブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
策士策に溺れる
選挙結果を概観すると衆議院民進党が、民進A、Bにわかれ、Aは立憲民主党で躍進、Bは小池にはまってさあ大変で、希望の党合流で失敗。

小が大をのみ込む姿は圧巻でしたが、国民フアーストでなく、小池フアーストであることが、国民に見透かされたか?

耳触りの良い“改革”という言葉を唱えるも安定時に人は改革を望まない。

一方、飲み込まれた民進党議員に対しては、橋下さんに“ちょろねずみ”と称されたように、風見鶏的行動に批判的な見方をされたか。

都議会のドンとのやり合いでは、小池さんに味方していたマスコミも築地移転問題以降論調が変化。
オリンピック前までの猶予期間を過ぎると、都知事選出馬前にスクープされたような政治とカネの問題が再燃し、政治生命終了という可能性もあるかもしれません。

希望の党を立ち上げることで、結果、自民一強を固め、立憲民主党に野党第一党を譲ることに。

皮肉にも『失敗の本質』(戸部良一著)が愛読書の小池さん。
まさに、策士策に溺れる。

実は、裏で自民党と手を握っていたら、なかなかの策士ですが。


スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。