FC2ブログ
税理士 吉田宏次のブログ
競馬脱税事件 「外れ馬券は経費」と認定
外れ馬券も経費に認められるのか-。競馬ファンの注目を集めた異例の刑事裁判で、大阪地裁は23日、元会社員の男性(39)に執行猶予付きの有罪判決を言い渡したが、外れ馬券については「経費と認められる」と判断した。(産経新聞より)

脱税額を計算する上での過去の外れ馬券の購入費は経費に認めるという、税務訴訟的には勝訴といえるような判決ではありますが、控訴の可能性もあります。

被告は競馬で稼いだ所得に対する3年間の所得税計約5億7千万円を脱税したとして、所得税法違反罪に問われていました。

検察側は、賞金は「一時所得」としたうえで、収入に直接要した金額、つまり当たり馬券の購入費だけが経費と主張。
一方、判決は、競馬の払戻金は「雑所得」と認定し、外れ馬券の購入費も必要経費と判断しました。

裁判的にどうかということよりも、それだけ競馬でもうけたというのは、ある意味凄いですね。

ちなみに、ギャンブルではありませんが、宝くじの当選金は無税です。
その理由は、宝くじの場合、販売額の約4割は収益金として各自治体の収益になっており、=税金を払っていると同じと解釈され、二重課税は行われないのです。

ただ、宝くじをグループで購入していた場合、当選金を1人で受け、当選金を各人に分配した場合は贈与と認定される恐れがあるので、当選金が多額の場合は、銀行での当選金受領時に、分配したい人全員の名義で受け取るようにしましょう。

まあ、なかなかあることではありませんが。





スポンサーサイト



コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://2330143.blog122.fc2.com/tb.php/242-f7aab5b4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック