FC2ブログ
税理士 吉田宏次のブログ
黒田と言えば
黒田と言えば、週末のNHK大河ドラマ「黒田官兵衛」。

日曜20:00~の大河ドラマと言えば、見ているといつの間にか寝てしまっているというのが常でした。

そして、いつの間にか見なくなり、年末近くの最終回だけ見るというのがいつものパターン。

なぜ、眠くなってしまうか?
冷静に分析すると、画面が暗い、時代背景がかけはなれている、話の進み具合が遅い。
録画した2時間映画を30秒飛ばし&1.3倍速を駆使し、30分で観るせっかちな私にとっては、3番目の話の進む具合の遅さが一番大きいかもしれません。

しかし、今年の大河ドラマ「黒田官兵衛」は非常に面白い。
ドラマ展開が速い、役者がうまい。
特に、豊臣秀吉演じる竹中直人の演技は圧巻です。
毎回義務としてでなく、見ています。

久々私にとって面白いドラマ“黒田”官兵衛。


週末の昼時、マイナーなチャンネルを見ていたところ、
日本人初、USブルーノートと契約したジャズトランぺッターがいるという。

その名は、黒田卓也。

トランぺッターとして単身渡米し、10年間、ニューヨークでバックバンドを勤めた後、USブルーノート・レーベルと直接契約。
2月5日にメジャーデビュー作「ライジング・サン」発売。

単身渡米などと聞くとギラギラとしたものを感じるものですが、インタビューを受けている姿はシャイな感じで発言なども謙虚。
曲は聞き見逃してしまいましたが、日本人初という言葉と、好感度から行きつけの外資系CDショップで黙って買い。

オシャレなアフロビートサウンドは、ニューヨークの街を想起させます。(ニューヨークに行ったことはありませんが)


話はがらっと変わって、踊り場を迎えたアベノミクス。

異次元の金融緩和を宣言した黒田日銀総裁がそろそろ動き出すのか!


今年は、何かと黒田が注目です。




スポンサーサイト



コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://2330143.blog122.fc2.com/tb.php/314-fa60ea0d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック