税理士 吉田宏次のブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
政策担当秘書
20年以上前の話。

幸い、若くして税理士資格を取得できたので、税金の勉強の次は、社会勉強、とりわけどろどろした世界を垣間見ようと、某政治家の秘書採用に応募し、議院会館に出向いたことがありました。

当時、飛ぶ鳥落す勢いの政治家でしたが、ある疑惑で自ら命を絶つことに…
今から考えると、疑惑を秘書の責めとし、トカゲの尻尾切りをする予定であったのか。
その上での秘書の新規採用であったのではと邪推しますが、幸か不幸か、転職せずとも税理士業界25年で嫌と言うほど社会勉強させていただきました。

ところで、Yahoo!検索で《とよた》と打つと、世界の《トヨタ》を差し置いて《豊田真由子》の方が先に表示される人気ぶり?で、未だ話題がつきない豊田議員及び秘書。

報道では、“政策秘書”ですが、正確には“政策担当秘書”。
政策担当秘書とは、忙しい政治家に代わり政策立案する専門家として設けられた制度で、合格率5%国家Ⅰ種並みの難易度。

昨年、ある機会に名刺を頂いた方の肩書は政策担当秘書。
この件で、政策担当秘書が出てくるとは、名ばかり“政策担当”?と感じましたが、難しい試験に合格し、採用されても通常の秘書業務がメインというのが現状。
バースデーカードの宛名ミス、高速道路逆走なんて話を聞くと豊田議員の政策担当秘書も名ばかり政策担当であったのではと推測されます。

政策担当秘書と通常の秘書は、求められるスキルが違うはず。
メディアでは、豊田議員の言動がクローズアップされるだけですが、政策担当秘書のあり方について見直す必要があるのでは。
政策担当官と名称変更するだけでも議員の扱いが変わるのではと思います。

ところで、5年で辞めていった秘書100人という数は驚き。

実際は、運転手やアルバイトを含んでの人数のようですが、一度は皆グーパンチを受けているとすると、

500万円×100人=・・・

年末の余興の時期に向け、エドはるみと組んで、グーグー漫才。
更には、真由子生声暴言集でも発売し、慰謝料に充てるしかない。

スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://2330143.blog122.fc2.com/tb.php/610-34dcdc0f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。