税理士 吉田宏次のブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今年の一冊
hz

読みたてのほやほやの作品。

文庫の帯も強烈ですが、どの書店も、目立つPOPで宣伝していたので、そこまでプッシュするならと読んでみたところ、面白い、巧い、そして、上下巻で1000P近くの大作ですが、読みやすい。

著者太田愛は、ドラマ『相棒』等の脚本家。
百田尚樹のような放送作家の小説も読みやすいですが、脚本家の書く小説も読みやすい。

内容としては、ある通り魔事件を発端にその裏に渦巻く陰謀が推理小説風に展開。

年末に来て、久々面白い作品に巡りあえました。


スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://2330143.blog122.fc2.com/tb.php/643-6b8d90b5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。