税理士 吉田宏次のブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
新年の一冊
CP

自己啓発本、普段読まないジャンルですが、年初のこの時期、例年一冊読むようにしています。
既読のカーネギーやスティーブンRコブイー等の本を読み直すのが常ですが、今年は新たに、ブッシュ政権時代の国務長官コリンパウエルの著作。

以下、コリンパウエルのルール13カ条

1. なにごとも思うほどに悪くない。翌朝には状況が改善しているはずだ。
2. まず怒れ。その上で怒りを乗り越えろ。
3. 自分の人格と意見を混同してはならない。さもないと、意見が却下されたとき自分も地に落ちてしまう。
4. やればできる。
5. 選択には細心の注意を払え。思わぬ結果になることもあるので注意すべし。
6. 優れた決断を問題で曇らせてはならない。
7. 他人の道を選ぶことはできない。他人に自分の道を選ばせてもいけない。
8. 小さなことをチェックすべし。
9. 功績はわけあう。
10. 冷静であれ。親切であれ。
11. ビジョンを持て。一歩先を要求しろ。
12. 恐怖にかられるな。悲観論に耳を傾けるな。
13. 楽観的でありつづければ力が倍増する。

以上

前半は、自己啓発的内容ですが、後半は、ブッシュ政権時代のこぼれ話。
例えば、ブッシュ大統領は会議の遅刻者は、鍵を閉め入室させなかったというような身近なことから、存在しなかったイラクの大量破壊兵器のことまで、興味深い内容となっております。

帯には、菅官房長官の推薦がありますが、私もお勧めの一冊。


スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://2330143.blog122.fc2.com/tb.php/652-f0ebadde
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。