FC2ブログ
税理士 吉田宏次のブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
知の巨人逝く
nisibe

週末、偶然目にしたyahoo画面ツイート欄の第一位。
「西部邁、多摩川、入水自殺」
驚きと同時に悲しみ、寂しさ・・・。

数年前から、土曜朝のレギュラー番組時には手袋着用。
時として覇気がなく、体調が悪そうでした。

昨年末、隔月刊誌『表現者』の編集長を後進に譲り、そしてこの最後の著作。

象は死期を悟ると群れから離れていくといいますが、まさに寿命を察したかのような行動。
しかし、まさか、自ら命を絶つとは…。

年末のネット番組で自殺をほのめかしていたとの情報から、YouTubeで見たところ、10/22が当初の決行予定日であったようです。
発売日から推測するに本作を遺書代わりに考えていたのか。
読み返すと、あとがきに、私的振る舞いの予定日と選挙日が重なってしまったとも記されています。

死の前日21日放映番組での「言論は虚しい。」の発言。
西部氏の尊崇する保守思想家福田恆存の言葉ですが、この一言が、近年の西部氏の心境を物語っているように感じます。

西部氏曰く「保守とは、綱渡りである。」
急速な歩みでは、綱から落ちてしまうので、一歩一歩漸進的に歩む。
過去の伝統習慣を踏襲することをベースに、変えるべきは徐々に変えていく姿勢。

小泉政権ぐらいからでしょうか?
改革という言葉が政治の世界に始まり、経営の世界にも波及し、ウケの良い言葉として扱われるようになりましたが、保守という観点からは、改革を否定はしないものの急激な改革は避けるという立場。

保守思想をベースとしつつ、近年は各論として

●行き過ぎた文明への危惧(反スマホ)
●経済だけ詳しい学者が、経済政策を語るな(反専門化)
●自主防衛(反対米従属)

というようなことを訴えていました。

評論家は、星の数ほど存在すれど、確とした思想を持った評論家は少ない。

保守思想の雄、西部邁による、西部邁らしい最期。

ご冥福をお祈りいたします。


スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://2330143.blog122.fc2.com/tb.php/656-0dd916df
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。