税理士 吉田宏次のブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
紙がない
トイレで紙がないのは困りますが、この時期に紙の確定申告書が送付されず、納税者が困っております。

今年はお客様からの連絡が遅いと思っていたら、
「昨年、会計事務所経由で申告書提出の納税者には、申告書を送付しない。」とのこと。

聞いていないよ!という感じですが、お客様が税務署に問い合わせたことで判明しました。
それもあってか、現時点、例年に比べ進捗率が悪く、今年は期限ぎりぎりまでバタバタしそうな感じです。

送付された申告書を利用すれば、A4の紙何枚かは節約になりますが、わざわざ時間かけて、送られてきた申告書をセットして印刷するような非効率なことをしている事務所は少ないでしょう。
となると、送付された申告書はシュレッター行き。
E-tax推進という意図もあるでしょう。

それはそれとして、送らない旨はきちんとアナウンスすべき!
送られてこないので申告しなくていいかなというお客様もおり、恐らくは、税務署にクレーム電話殺到か。
現場の税務職員は、勘弁してくれという感じでしょう。

これを決断したのは上級官庁のはず。
税務署→国税局→国税庁→財務省

国税庁といえば、国税庁長官は、あのモリカケ問題の・・・。
まさに、火に油を注ぐ状況。
民間であればありえないことが、平気で行われる。

官僚のおごり故?それとも世間知らず?

スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://2330143.blog122.fc2.com/tb.php/664-94c93bf6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。