FC2ブログ
税理士 吉田宏次のブログ
サヨナラ昨日までの自分
セミ

我が家は、マンションの理事会で、蛇の死骸の撤去が議題に挙がるような野生の王国。
夏には守衛のように何匹ものセミがエントランスに張り付いていますが、この光景は初めて。

感動の瞬間。
レガシー
レガシーと聞いて、車種?と思うのはおじさんか。
レガシー=遺産=政治的功績

週末夕飯時の報道番組。
安倍政権の負の部分のみスポットをあて、挙句、日本の報道自由度ランキングは低く、安倍政権で奪われた報道の自由の回復を!と年配のキャスターが訴える姿に、思わず苦笑してしまいましたが、案の定ネットで炎上。

この番組は、またかというぐらい、モリカケ問題取り上げ、緊急時ぐらい応援しろよと思うぐらいのコロナ対策への瑣末な批判。
それでもC国のように監禁されることもなければ、R国のように毒を盛られることもない。

報道の自由はあると思いますが、批判さておき、長期間お疲れさまでしたの一言でもあれば、炎上することもなかったのでは。

とまれ、将来教科書に掲載されそうなレガシーがないのは事実で、思い浮かぶのはアベノマスク、アベマリオ。

悲願の憲法改正が実現間近であれば、毎日点滴打ってでも辞任せずに、総理を継続したでしょうか。

確かに、具体的なレガシーは見当たらないものの“長期安定政権”は、最大のレガシ−。
総理がコロコロ変わっていたら世界の舞台で存在感を示すこともできません。

余計な憂いなく、日々過ごせたということが、一国民として何とも貴重なことか。
前政権時を経て、そのありがたみをしみじみと感じる。

ところで、反安倍を生業にしていた白井聡等のような学者、メディアは今後何を飯のタネにするのか?

当面、暫くは安倍定食を食べ続けるのであろうか。




サラリーマンに激震が走る!
sre
遂に!サレンダー橋本(実の甥)の原作がドラマ化。


テレ東8月26日(水)深夜=27日0:58~全6話。

一時期、“意識高い系”という言葉が流行りましたが、“意識低い系”サラリーマンを描いた作品。

サラリーマンあるあるの話が満載で笑えます。

現在
ヤングチャンピオン『明日クビになりそう』
雑誌SPA!『全員くたばれ!大学生』を連載中。

既刊
『恥をかくのが死ぬほど怖いんだ。』
『働かざる者たち』等。

ラジオや講演などでも活躍中。

あなたもサレンダーワールドを経験してみては。。。
真夏の常温
JI

二段目左から6本(お茶4本水2本)の常温飲料。

およそ1/6のスペースを占めています。

ビジネスの現場では、打ち合わせの際、常温のペットボトルが出されるときもありますが、プライベートでは、なかなか購入しようとは思わない。

因みに、駅直結の地下街に設置。

それなりのニーズがあるのか?

購買者のイメージとして男性より女性?

カバンが濡れないというメリットもあり。

純粋に冷たい飲料を好まない層もいるでしょう。

売れゆき及び購買動機を知りたい。
自社株贈与
コロナの影響で、少なからず、直近決算において、マイナス影響を受けている会社も多いと思います。

そんな時こそ、相続税対策としての自社株贈与。

ご検討下さい。